「暗号貨幣-クリプトキャッシュ-」が世界を変える! - 中村宇利

中村宇利 が世界を変える クリプトキャッシュ

Add: myxuwity98 - Date: 2020-11-25 01:46:55 - Views: 7491 - Clicks: 7725

インターネット上の. 中村 宇利 | 年07月26日頃発売 | 「クリプトキャッシュが世界を変える! インターネット上の多く. 【送料無料】。【中古】「暗号貨幣(クリプトキャッシュ)」が世界を変える! / 中村宇利. しかし、中村宇利著「『暗号貨幣』が世界を変える!.

「暗号貨幣(クリプトキャッシュ)」が世界を変える!。無料本・試し読みあり! 「クリプトキャッシュ」――暗号貨幣――、それは、世界初!の「完全暗号」で作られたデジタルマネー。不完全な暗号技術にたよるブロックチェーンや、その技術をベースとするビットコインなどの仮想通貨. 』(中村宇利) のみんなのレビュー・感想ページです(4レビュー)。作品紹介・あらすじ:世界初! ‎ 「クリプトキャッシュ」――暗号貨幣――、それは、世界初! ――この『「暗号貨幣( クリプトキャッシュ )」が世界を変える!

【最新刊】「暗号貨幣(クリプトキャッシュ)」が世界を変える!。無料本・試し読みあり! 「クリプトキャッシュ」――暗号貨幣――、それは、世界初!の「完全暗号」で作られたデジタルマネー。不完全な暗号技術にたよるブロックチェーンや、その技術をベースとするビットコインなど. ――本書は初めての単著になりますが、そういう思いもあってご執筆なされたのですか? 中村:いえ、この本のテーマは「暗号貨幣」ですから、仮想通貨崩壊の警告については2~3ページくらいでとどめたかったのですが(笑)、今の仮想通貨があまりにも危険な状態にあるわけですよね。その点についてはちゃんと警告を発するべきだったと思いますし、もう被害が出ているとはいえ、ここで書かなければいけないと考えて「ビットコインの消滅」に1章を割いたんです。 また、仮想通貨についての書物やインターネット上にありふれている情報は間違いが多いんです。ただ、仮想通貨に関わっているほとんどの人は専門的な暗号の研究を積んだ専門家ではないですよね。だから分からなくても仕方ないと思います。「論文に書かれているから正しい」のではなく、論文にも間違いがあるということをしっかり伝えていかないといけないと考えました。 ――中村さんが暗号技術を研究するようになった経緯はどういうものですか? 中村:簡単に経歴をご説明しますと、慶應義塾大学理工学部前期博士課程在学中の1988年、アメリカのマサチューセッツ工科大学(以下、MIT)に留学したのですが、当時世界では第二次人工知能ブームが起きていて、私もその熱の中にいました。ただ、なかなか上手くいかず、1990年代初めにこのブームが急激しぼむんですね。私も自分の研究の方向性について改めて考え、マッキンゼー・アンド・カンパニー・ジャパンに就職します。 そのマッキンゼーの時代に、大きな出来事が起きます。1995年にWindows95がリリースされ、一般向けブラウザ「NetScape」が出てきました。これで一般の方々がインターネットを使うようになったわけですが、そうなるとネット上で使えるお金をつくろうという動きが出ますよね。私は大手企業の依頼でデジタルマネーの現地調査を行う機会を得て、そこで多くの試みが理論的根拠としていた暗号学者のデヴィッド・チャウム博士の論文を読ませていただく機会を得ました。とても難しい内容ではあるのですが、暗号技術さえ成熟すればネット上でも現金を作り使うことが可能ではないかと分かりました。 となると、会社をやめて研究に戻りたくなりますよね。そしてアメリカに戻り、MITの客員研究員として暗号技術の研究・開発をやってきたという経緯です。 ――その暗号技術は完成され. 「暗号貨幣」が世界を変える!/中村 宇利(経済・ビジネス) - 私達のお金は知らないうちに盗まれている!? ビットコイン消滅はもはや時間の問題!. See full list on sinkan. 言葉のみを受け取ると過激な主張とも思えるが、中村氏はビットコインのセキュリティに大きな問題があると考えている。 『「暗号貨幣(クリプトキャッシュ)」が世界を変える!』(集英社刊)は中村氏にとって初めての単著にして、挑戦的な一冊だ。. 中村宇利定価: ¥ 1,760ISBN自宅の本棚で保管していました。 汚れ折れ等ありません世界初!web上でハッキングが不可能な暗号を発明した著者。この“完全暗号”を応用した「クリプトキャッシュ」が世界の商取引を変える!私達のお金は. 』で、仮想通貨のセキュリティの脆弱性を指摘されています。 中村:ブロックチェーンを使って多くの先駆者が目指した世界はとても面白いと思うのですが世間で信じられている.

代わる、完全暗号を用いた暗号貨幣“クリプトキャッシュ”の全貌を明らかにしている. 』をどのような方に読んでほしいとお考えですか? 中村 :大きく2つあります。. 「暗号貨幣(クリプトキャッシュ)」が世界を変える! - 中村宇利/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!. 「クリプトキャッシュ」は、あの5gのセキュリティの安全性を高める上でも重要な技術なのだそうです。 世界中から人が集まる東京オリンピックですから、情報セキュリティの強化は必要不可欠ですものね!. ――これまで日本はキャッシュレス決済後進国と言われてきましたが、近年はその風向きが変わってきているように感じます。特に最近はアプリによるスマホ決済が広がっていますが、「7pay(セブンペイ)」が不正アクセスに遭い、セキュリティ面の問題が指摘されています。中村さんはスマホ決済についてどのように見ていらっしゃいますか。 中村:まずは電子決済というところで言うと、一般的に使われている交通系ICカード「Suica」や「iD」など、Felicaのようなの技術が使われている電子マネーについては、偽造できてしまうということが知られています。だから、決済の上限が2万円程度と少額なんですね。 セブンイレブンの「nanaco」のチャージ額は5万円ですが、基本的には少額決済向けです。いずれも偽造のリスクがあるということで、少額決済にとどめることでセキュリティを担保しています。 また、インターネットバンキングについてはIDとパスワードだけでは安全性を担保できないことから、ワンタイムパスワードというトークンを利用した1回限りのパスワードも同時に送ってログインします。3つの情報を送ることで、IDとパスワードよりはセキュリティレベルが多少高くなるのではないかと考えがちですが、残念なことにインターネット上のSSL/TSLといった通信の方式だと、公開鍵暗号方式がベースになるので、ハッカーが中に入れてしまうんです。これはユーザーになりすましてログインすることが可能ということです。 つまり、ワンタイムパスワードを使っていても安全ではない。では、最近広がっているスマホ決済サービスはどうかという話ですが、IDとパスワードだけでログインできるので論外です。インターネットバンキングでさえセキュリティに不安はあるのですから、使い物にならないと私は考えています。 ――キャッシュレス決済はセキュリティに問題があると。 中村:確かに簡単に決済できて便利ですが、便利にしただけとも言えます。便利にキャッシュレス決済できるようにするのが目的であって、安全が目的ではありませんから、リスクを考えても1~2万円程度の決済で使うのがいいと思いますね。 それと暗号通貨の歴史とは全くかけ離れた世界から生まれたものなので触れたくはないのですが、触れておかなければいけないのが、仮想通貨です。Facebook主導で開発されている「リブラ. ※画像:『「暗号貨幣(クリプトキャッシュ)」が世界を変える!』(集英社刊) 年末、ビットコインをはじめとする「仮想通貨」取引所のcm.

4324 何時もいくわけではない図書館だったので、ちょっと時間が10分ほどあったので、一気に10冊ほど借りてきた。. 【10点購入で全品5%off】。【中古】「暗号貨幣(クリプトキャッシュ)」が世界を変える! / 中村宇利. クリプトキャッシュ(暗号貨幣)。世の中を大きく変える可能性のある待ちに待った本がついに出版されました。著者は、mit出身で世界では20人?と言われる暗号の第一人者の一人、中村宇利(なかむらたかとし)さん. 中村 宇利『「暗号貨幣( クリプトキャッシュ )」が世界を変える! 暗号貨幣「クリプトキャッシュ」の衝撃 その1』 ゲスト : 中村宇利氏((株)エヌティーアイグループ代表) 司会 : 松田学 (松田政策研究所代表). ――本書では「仮想通貨を救済する」という旨も述べられていますが、なぜこれまで触れようとしなかった仮想通貨を救済しようと考えたのですか? 中村:仮想通貨の中には投機ではない、社会的に意味のある目的をもって発行されているものもあります。そうした通貨については救済をしないといけないと考えたからです。また新しい時代を作る可能性を感じる仮想通貨も存在します。もちろん全てに今述べたように高い基準を課すようにします。 ――仮想通貨とは全く別の文脈からこの「クリプトキャッシュ」は登場します。ただ、「新しい通貨(お金)」という話で言うと、仮想通貨やビットコインの文脈の直線上で捉えてしまう恐れがあると思います。 中村:おっしゃる通り、この研究・開発は「サトシ・ナカモト論文」登場の遥か以前から行われてきたもので、仮想通貨の文脈の直線上にあるものではありません。そこはこのインタビューを読んでいる方、そしてこれから本を読む方にぜひ前提として頭に入れておいていただきたいです。もともと信用通貨として発行される現代の法定通貨に内在する偽造と不正使用の問題を解決する究極のソリューションとして考案されたのが暗号通貨です。暗号通貨は台帳を使って便宜的に作られるバーチャル通貨と、実体を持つリアル通貨の2通りの方法で作られますが、リアル暗号通貨はさらに、ICチップやICカードなどの電子媒体を使うものと暗号化された記号列そのものを使うものの2つが考案されました。このうち後者が暗号貨幣です。私共のクリプトキャッシュはこの長い歴史を持つ暗号貨幣研究の最終段階にあるといえます。 そもそもは法定通貨のために作られたものなので、仮想通貨は全く別物と考えていました。また、私は仮想通貨のすべてが未熟であると言っているわけではありません。仮想通貨が出てきたことで、新しい金融の世界の扉を開いたというのも事実です。この扉を閉じることは人類の退化につながりかねないので、仮想通貨の救済という考えが出てきたんですね。 ――投機目的にはさせない、と。 中村:結果としてそうなってしまう可能性は除外できません。ただ、最初からその目的で発行することは賛同できません。外国為替など、法定通貨でさえ投機の対象とされることがありますから、「投機ができないようにしました」と断言することはできません。 ――この『「暗号貨幣( クリプトキャッシュ ). 中村 宇利 (著) /07 出版社: 集英社 単行本: 256ページNo. 「暗号貨幣( クリプトキャッシュ )」が世界を変える!

クリプトキャッシュが復旧すればホントのキャッシュレス時代がやってくることがよく理解できました。 公の機関も注目するこの暗号技術について理解して、活用できればビジネスチャンスの先陣になれるかもです。. 『「暗号貨幣( クリプトキャッシュ )」が世界を変える! ――完全に安全な暗号貨幣(クリプトキャッシュ)を開発する過程において、暗号鍵を「送る」ことが不正使用の被害を生むと考えたという話をしていただきました。そこで中村さんが考えた手は暗号鍵を「送らない」方法です。これは一体どういうことでしょうか。 中村:安全に送れないならば、「送らない」方法を考えたということです。そこで出てくるのが人工知能による「一卵性双生児現象」を利用する方法です。これは、あらかじめ定められたDNAに従い、同じ環境で育てられた人工知能は同じことを考え、同じことを話すのではないかという考えに基づくもので、それならば可能だと。 そこで私が考案した新しい人工知能アーキテクチャによるCP(Cognitive Processor)を用いることにしました。まったく同じ回路構造を持つ2つのCPを離れた時点で同じ環境で使用し続ける。そうすると、何年経っても同じ入力に対しては同じ信号を出力する。これを「一卵性双生児現象」と名付けて、応用することにしたんです。 ただ、もちろん同じ環境をつくるというのは非常に難しいことです。例えば植物の場合なら、水をやったり太陽光を浴びたりする時間などで成長は大きく変わりますよね。そうした課題を乗り越え、「一卵性双生児現象」に特化したCPを開発しました。 「暗号貨幣-クリプトキャッシュ-」が世界を変える! ――そして実現したのが「クリプトキャッシュ」です。前半で「暗号を使ったキャッシュ」とご説明されていますが、 中村:貨幣の本質は価値を交換できる媒体です。例えば100円のミネラルウォーターがある。そして百円玉を持っている。百円玉は100円の価値を持っているから、100円のミネラルウォーターと交換することができる。ミネラルウォーターは100円の価値があるから百円玉と交換できます。 「クリプトキャッシュ」は、コンプリート・サイファー(完全暗号)でその「価値の引換券」を実現します。本体は、一度きりしか使えない英数文字等の記号列で、デジタルマネーとして使うことはもちろん、印刷したり、コインに刻印したりしてもOKです。価値を一対一対応で表象するので、印刷して「紙幣」にすればそこに価値が移転するのです。台帳への記載は必要ありません。 発行形態は2つのパターンを考えています。1つは「サーバ発行型」、もう1つは「ウォレット発行型」です。 サーバ型はクリプトキャッシュを発行するコミュニティが共有する価値.

対談シリーズ55-1 今回のゲストは(株)エヌティーアイグループ代表 中村宇利氏です。 <対談シリーズとは・・・> 未来社会をプロデュース. 『「暗号貨幣(クリプトキャッシュ)」が世界を変える!』という本を読みました。 今回は本の内容と学んだこと、感想などを書いていこうと思います。 目次 1. 中村宇利『「暗号貨幣(クリプトキャッシュ)」が世界を変える! 伊藤淳史『入門者のための短期社債発行実務:発行手続と費用の全てを』 浅岡キョウジ『花やつばめ』全2巻、『ソウタとアコ』、『幕が上がれば君がいる。. の「完全暗号」で作られたデジタルマネー。不完全な暗号技術にたよるブロックチェーンや、その技術をベースとするビットコインなどの仮想通貨を凌駕し、新. ――今回出版された『「暗号貨幣( クリプトキャッシュ )」が世界を変える! isbn:中村 宇利 参考価格 1,760円. 「クリプトキャッシュが世界を変える!」 「クリプトキャッシュ」――暗号貨幣――、それは、世界初!の「完全暗号」で作られたデジタルマネー。不完全な暗号技術にたよるブロックチェーンや、その技術をベースとするビットコインなどの仮想通貨を凌駕し、新時代のスタンダードになる. 」 「クリプトキャッシュ」--暗号貨幣ーー、それは、世界初!

の詳細。 「クリプトキャッシュ」――暗号貨幣――、それは、世界初!の「完全暗号」で作られたデジタルマネー。不完全な暗号技術にたよるブロックチェーンや、その技術をベースとするビットコインなどの仮想通貨を凌駕し、新時代のスタンダードに. 「「暗号貨幣(クリプトキャッシュ)」が世界を変える!/中村宇利」の通販ならLOHACO(ロハコ)! ヤフーとアスクルがお. 【tsutaya オンラインショッピング】「暗号貨幣-クリプトキャッシュ-」が世界を変える!/中村宇利 tポイントが使える. 「暗号貨幣-クリプトキャッシュ-」が世界を変える! - 中村宇利 『「暗号貨幣(クリプトキャッシュ)」が世界を変える! - 中村宇利 - ビジネス書・政治・経済』の電子書籍ならシャープのcocoro books。スマホ、タブレット、pcで読める。お得なポイントと安心のネット書庫管理。まずは無料試し読み!. tsurumarubozuさんの中村宇利『「暗号貨幣( クリプトキャッシュ )」が世界を変える! 「暗号貨幣(クリプトキャッシュ)」が世界を変える!コンピュータ・アーキテクチャー及び情報セキュリティの中村氏の書籍が7月26日に発売されました。. 今回の「クリプトキャッシュ」は、史上初めての「完全暗号」を使ったデジタルマネーだ。 「完全暗号」は、互いに離れた場所にいるふたりが、暗号鍵をweb上で送らないにもかかわらず各々の暗号を更新していくことができる点が、最大のポイントだ。.

「暗号貨幣-クリプトキャッシュ-」が世界を変える! - 中村宇利

email: odyguh@gmail.com - phone:(301) 891-7116 x 9464

虹を見たかい? - 曽我部恵一 - 後藤文康

-> 妖怪草紙 - 荒俣宏
-> 世迷いごと - マツコ・デラックス

「暗号貨幣-クリプトキャッシュ-」が世界を変える! - 中村宇利 - 歳からの本 ブルーナの ディック


Sitemap 1

空とぶ城 - 村山早紀 - ミスター 住まいと健康ベスト大賞 パートナー